2010年02月18日

イギリス軍P37Webbing 組み立て

  
  Hi、Takaですヽ(゚∀゚)昨日言ってたP37Webbingの組み立てをやっていきます。



 ヨークとピストルベルトを固定します。背中のコキに写真のようにクロスにして固定します、そして前方をマガジンポーチ上のコキに通して、ヨークの先端をコキ下に通します。写真の状態になればいいので組み立てに順番はありません、好きな所から組上げましょう(・∀・) 右側にはオシャレ水筒を付けます、前と後ろのヨークを水筒両端のコキに通して固定・・・



 左側も同じように固定、写真下はバックではなくショベルケースが固定されているのをよく見ます。



 これで完成です。簡単でしょ?写真の銃剣の鞘は適当に固定してあるだけなので参考にしないでください( ´∀`)



 ラージパックはマガジンポーチのコキにパックのフックを留めるだけです。



 この装備をやるうえで参考にした資料です。Richard HOLMES著「the D-Day EXPERIENCE」ロンドンの帝国戦争博物館の表示が表紙にあるので博物館でも買えるみたいです。Takaはウェールズ近くのショッピングモールで買いました。



 文は英語ですが、簡単な単語ばかりなので読みやすいです。中に当時の作戦指示書、現地のメモなどのレプリカが入っていて見ごたえあります。とくにペガサスブリッジの作戦図が面白かった( ・∀・)



 STEPHEN E.AMBROSEの「BAND OF BROTHERS」,「CITIZEN SOLDIERS」です。すんごい難しい('∀`)辞書なしで読めません!これを読めるようになりたいと大学では英文学科イギリス文学コースに入りましたが、学んだのは酒の飲み方とコールだけです( ´,_ゝ`)文系ってこんなもんでしょ?


  次回はWW2ドイツ軍あたりやります。


  
タグ :P37イギリス


Posted by   ISOTOPE REGIMENT  at 22:55Comments(0)イギリス軍 -WW2-